コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古山師重 ふるやまもろしげ

3件 の用語解説(古山師重の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古山師重
ふるやまもろしげ

江戸時代中期の浮世絵師。貞享~元禄期 (1684~1704) 頃活躍。菱川師宣の門人。菱川のちに古山の姓を使用。通称太郎兵衛。『縁先美人図』などの肉筆風俗画,『好色江戸紫』 (1686) ,『好色旅枕』 (95) などの版本挿絵を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古山師重 ふるやま-もろしげ

?-? 江戸時代前期の浮世絵師。
菱川師宣(ひしかわ-もろのぶ)の門人で,江戸長谷川町にすんだ。貞享(じょうきょう)-元禄(げんろく)(1684-1704)のころに浮世草子,噺本(はなしぼん),役者絵本などの挿絵をかいた。通称は長谷川太郎兵衛。画姓ははじめ菱川。作品に「鹿の巻筆」「好色江戸紫」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古山師重

生年:生没年不詳
江戸前期の浮世絵師。菱川師宣の門人で,はじめ菱川姓を名乗った。俗称太郎兵衛。江戸長谷川町に住した。貞享・元禄期(1684~1704)を中心に枕絵組物,浮世草子,艶本,噺本,役者絵本が知られる。師宣の晩年の作風を継承し,地味ながらぼってりとした味わいがある。肉筆画もある。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古山師重の関連キーワード菱川友宣菱川友章菱川友房菱川師興菱川師永菱川師信菱川師平菱川師房菱川師喜菱川和翁

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone