コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古山師重 ふるやまもろしげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古山師重
ふるやまもろしげ

江戸時代中期の浮世絵師。貞享~元禄期 (1684~1704) 頃活躍。菱川師宣門人。菱川のちに古山の姓を使用。通称太郎兵衛。『縁先美人図』などの肉筆風俗画,『好色江戸紫』 (1686) ,『好色旅枕』 (95) などの版本挿絵を描く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古山師重 ふるやま-もろしげ

?-? 江戸時代前期の浮世絵師。
菱川師宣(ひしかわ-もろのぶ)の門人で,江戸長谷川町にすんだ。貞享(じょうきょう)-元禄(げんろく)(1684-1704)のころに浮世草子,噺本(はなしぼん),役者絵本などの挿絵をかいた。通称は長谷川太郎兵衛。画姓ははじめ菱川。作品に「鹿の巻筆」「好色江戸紫」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

古山師重

生年:生没年不詳
江戸前期の浮世絵師。菱川師宣の門人で,はじめ菱川姓を名乗った。俗称太郎兵衛。江戸長谷川町に住した。貞享・元禄期(1684~1704)を中心に枕絵組物,浮世草子,艶本,噺本,役者絵本が知られる。師宣の晩年の作風を継承し,地味ながらぼってりとした味わいがある。肉筆画もある。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

古山師重の関連キーワード古山師胤石川流宣古山師継古山師政古山伴水菱川師重生年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android