古川主馬之介(読み)ふるかわ しゅめのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川主馬之介 ふるかわ-しゅめのすけ

1839-1861 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)10年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)久慈郡(くじぐん)西金砂(にしかなさ)神社の田楽師。水戸で文武修業。文久元年5月28日有賀半弥(ありが-はんや)らとともに江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス公使館を襲撃して闘死。23歳。名は忠興。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android