コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川勝 ふるかわ まさる

1件 の用語解説(古川勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川勝 ふるかわ-まさる

1936-1993 昭和後期-平成時代の水泳選手,指導者。
昭和11年1月6日生まれ。日大在学中に40m以上ももぐる「潜水泳法」を完成させ,昭和30年平泳ぎで世界新記録を連発。31年メルボルン五輪の200m平泳ぎで金メダル。五輪後,この泳法は禁止された。大丸勤務をへて,スイミングスクール校長をつとめた。平成5年11月21日死去。57歳。和歌山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の古川勝の言及

【水泳】より

…日本では1928年のアムステルダム大会の200mで鶴田義行が2分48秒8で日本水泳選手として初めて優勝して以来,小池礼三,葉室鉄夫ら名選手が続き,女子選手でも前畑秀子がベルリン大会で日本女子選手の金メダル第1号になった。56年のメルボルン大会では潜水泳法を駆使した古川勝,吉村昌弘が金,銀メダルを獲得したが,大会後,潜水泳法は禁止された。その後はアメリカのC.ジャストレムスキーがハイピッチ泳法をあみ出し,G.プロコペンコを中心とした旧ソ連の選手がストロークの大きい豪快な平泳を完成させたが,田口信教がこの両者の泳ぎをうまくとり入れて水中深くけり込む田口式キックをあみ出し,72年のミュンヘン大会では100mに優勝,200mに3位入賞した。…

※「古川勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古川勝の関連キーワード北村治池上忠治市村緑郎大久保直彦神永昭夫木村汎玉那覇有公永井鉄太郎林郁町田顕

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古川勝の関連情報