古市宗庵(初代)(読み)ふるいち そうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古市宗庵(初代) ふるいち-そうあん

?-? 江戸時代前期の茶人。
京都の富商横川理安の子。円乗坊宗円(そうえん)の娘婿で,利休流の極意を伝授された。寛永2年(1625)豊前(ぶぜん)小倉藩(福岡県)藩主細川忠利につかえて茶頭(さどう)となる。細川家の転封(てんぽう)で熊本へうつり,古市流創始。通称は長兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android