コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古文鉄砲前後集 こぶんてっぽうぜんごしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

こぶんてっぽうぜんごしゅう【古文鉄砲前後集】

江戸時代の狂文集。桂井蒼八著。1巻。1761年(宝暦11)刊。漢文の種々の文体の作品例を収めて,江戸時代を通じて漢文入門書として愛読された《古文真宝前後集》のパロディの形をとる。文法・語法面では正規の漢文であるが(和文も数編含む),素材に卑俗滑稽な事柄を取り上げて,知識人らしい諧謔精神を発揮している。著者は大坂の儒者で,奔放な人柄をもって聞こえた。【日野 竜夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の古文鉄砲前後集の言及

【狂文】より

…漢文体の狂文は漢詩を滑稽化した狂詩に対応するもので,堅苦しい漢文口調で卑俗な素材を論じ,形式と内容の矛盾を通して滑稽味を出そうとする。《古文真宝》のパロディである《古文鉄砲前後集》(1761)などが早い例であるが,そこにみられるパロディという趣向は滑稽であっても,文法・語法面では正規の漢文法を守っている。狂詩と同様狂文でも,画期的な作品は大田南畝の《寝惚(ねぼけ)先生文集》(1767)であって,その文章の部分は滑稽な当て字やこじつけの訓読によって滑稽味を徹底させ,漢文体の狂文の様式を確立した。…

※「古文鉄砲前後集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古文鉄砲前後集の関連キーワード桂井在高

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android