狂文(読み)きょうぶん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

狂文
きょうぶん

江戸中期から明治にかけて知識人戯作(げさく)者の間に行われた一種の美文。その源は享保(きょうほう)(1716~36)末から宝暦(ほうれき)(1751~64)ごろに流行した漢文体狂文にさかのぼる。発生期狂文はすなわち「狂者の文」といえる。「狂者」とは『論語』に出て細事にかかわらぬ志の大きい進取の精神をもつ者をいい、それが陽明学の伝統のなかでとくに重んじられた。日本では江戸中期、陽明学の流行を背景に、当時の文人たちが「狂者」の精神にのっとり、自己内心の憤激を直接的に表現する文章として「狂者の文」が定着した。こうした狂撃、憤激の文章は往々にして文章の正しい格調を乱して「狂体の文」を生み出していく一方、「狂者」の精神はいつのまにか忘れ去られ、文体の「狂」のみを喜びもてあそぶ風潮が定着したところに「狂文」があり「戯作」の発生の端緒があった。「戯作」は知識人の余技にすぎないが、それが当時の社会に容認されるためには、狂者の文の伝統をもつ「狂文」の存在が大きな役割を果たしている。戯作精神の典型的な具現者が天明(てんめい)期(1781~89)の狂歌人であったところから、やがて「狂文」は狂歌の精神を散文化した「狂歌の文」の意味をそのすべてとするようになった。狂文作者としては、早く増穂残口(ますほざんこう)、志道軒(『元無草』1748)、自堕落先生(『風俗文集』1744)があり、平賀源内(『痿陰隠逸伝(なえまらいんいつでん)』1768)に大成され、万象亭(まんぞうてい)、大田南畝(なんぽ)(蜀山人(しょくさんじん))に展開していったといえよう。

[中野三敏]

『中野三敏著『戯作研究』(1981・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂文
きょうぶん

江戸時代中期の明和,安永 (1764~81) 頃,江戸を中心に流行した狂体の文。おもに狂歌師によって書かれた。風刺や諧謔を含んだ戯文で,漢文調,雅文調,口語調など種々の文体をもつ。内容は痛烈な社会時評,風俗時評から序文,広告文にまで及び,韜晦の気味の強いものも多い。風来山人 (平賀源内 ) がとされ,狂歌の衰退とともに精彩を失った。風来山人の『放屁論』 (74,77) ,蜀山人 (大田南畝 ) の『四方 (よも) のあか』 (81) ,宿屋飯盛 (石川雅望 ) の『都の手ぶり』 (1809) などに代表される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ぶん キャウ‥【狂文】

〘名〙 滑稽な文章。江戸中期以後、狂歌に対して起こったもので、諧謔(かいぎゃく)、風刺を主としたもの。風来山人(ふうらいさんじん)、四方赤良(よものあから)、手柄岡持(てがらのおかもち)らの「風来六部集」「四方のあか」「あづまなまり」「我おもしろ」などの文集が有名。戯文。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「地口を交て狂文(キャウブン)を書たり、狂歌を咏だりする者があるから」

きょう‐もん キャウ‥【狂文】

〘名〙 種々の模様をまぜて表わしたもの。また、その織物。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「家文・当色等色色狂文、尽色節

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうぶん【狂文】

ふざけた文章ので,江戸中期以降に盛んに行われた滑稽文学の一種漢文体和文体に大別される。漢文体の狂文は漢詩を滑稽化した狂詩に対応するもので,堅苦しい漢文口調で卑俗な素材を論じ,形式と内容の矛盾を通して滑稽味を出そうとする。《古文真宝》のパロディである《古文鉄砲前後集》(1761)などが早い例であるが,そこにみられるパロディという趣向は滑稽であっても,文法・語法面では正規の漢文法を守っている。狂詩と同様狂文でも,画期的な作品は大田南畝の《寝惚(ねぼけ)先生文集》(1767)であって,その文章の部分は滑稽な当て字やこじつけの訓読によって滑稽味を徹底させ,漢文体の狂文の様式を確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android