コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古村徹三 こむら てつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古村徹三 こむら-てつぞう

1909-1982 昭和時代の童謡作家,日本画家。
明治42年12月27日生まれ。北原白秋師事,「お花のホテル」などの童謡を作詞し,日本児童文学者協会会員として活躍。戦後「こども新聞」を発行。また日本画家として院展などに入選,代表作に「月に寄る」がある。和歌山県俳画協会会長。昭和57年7月2日死去。72歳。広島県出身。童謡集に「繭のお山」「みかんの夢」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古村徹三の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android