コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古村徹三 こむら てつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古村徹三 こむら-てつぞう

1909-1982 昭和時代の童謡作家,日本画家。
明治42年12月27日生まれ。北原白秋に師事,「お花のホテル」などの童謡を作詞し,日本児童文学者協会会員として活躍。戦後「こども新聞」を発行。また日本画家として院展などに入選,代表作に「月に寄る」がある。和歌山県俳画協会会長。昭和57年7月2日死去。72歳。広島県出身。童謡集に「繭のお山」「みかんの夢」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古村徹三の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門牧野省三[各個指定]芸能部門日本郵便制度史(年表)早稲田大学アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎鈴木志郎康蓮實重彦