コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古松簡二 ふるまつ かんじ

1件 の用語解説(古松簡二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古松簡二 ふるまつ-かんじ

1835-1882 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年7月25日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩の郷士。江戸の安井息軒(そっけん)の門人。文久2年池尻岳五郎(たけごろう)とともに脱藩して筑波山挙兵にくわわる。明治4年の大楽(だいらく)源太郎事件で捕らえられ,明治15年6月10日獄死。48歳。名は淵臣。通称は清水真郷。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古松簡二の関連キーワード早稲田大学フランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩グツコーフランツ佐田介石蜷川式胤松方正義

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone