コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古松簡二 ふるまつ かんじ

1件 の用語解説(古松簡二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古松簡二 ふるまつ-かんじ

1835-1882 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年7月25日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩の郷士。江戸の安井息軒(そっけん)の門人。文久2年池尻岳五郎(たけごろう)とともに脱藩して筑波山挙兵にくわわる。明治4年の大楽(だいらく)源太郎事件で捕らえられ,明治15年6月10日獄死。48歳。名は淵臣。通称は清水真郷。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

古松簡二の関連キーワード秋沢貞之上田立夫帯屋治平川上鎮石塩川広平島村真潮徳田寛豊藤井九成増野徳民山下蕉雨

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone