コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古林尚 ふるばやし たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古林尚 ふるばやし-たかし

1927-1998 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和2年11月20日生まれ。新日本文学会,日本文学協会にはいり,おもに武田泰淳,梅崎春生らの戦後派文学を研究した。「文学的立場」同人。平成10年12月30日死去。71歳。広島県出身。早大卒。本名は尚(ひさし)。著作に「戦後の文学」(共編),訳書にムサトフ「こぐま星座」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古林尚の関連キーワード開高健(かいこうたけし)李恢成(りかいせい)長谷川四郎太陽の季節田中小実昌石原慎太郎橋のない川高杉一郎大城立裕大西巨人柏原兵三片岡良一住井すゑ今日出海小林勝夏の闇船山馨驢馬幻化

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android