古林尚(読み)ふるばやし たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古林尚 ふるばやし-たかし

1927-1998 昭和後期-平成時代の文芸評論家。
昭和2年11月20日生まれ。新日本文学会,日本文学協会にはいり,おもに武田泰淳,梅崎春生らの戦後派文学を研究した。「文学的立場」同人。平成10年12月30日死去。71歳。広島県出身。早大卒。本名は尚(ひさし)。著作に「戦後の文学」(共編),訳書にムサトフ「こぐま星座」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android