コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦後派文学 センゴハブンガク

3件 の用語解説(戦後派文学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんごは‐ぶんがく【戦後派文学】

第二次大戦後に現れた新しい文学の一派。雑誌「近代文学」を中心に、政治と文学の問題、戦争責任主体性の問題などを提起して創作活動を展開した。主な小説家・評論家に野間宏(のまひろし)椎名麟三(しいなりんぞう)梅崎春生(うめざきはるお)中村真一郎大岡昇平武田泰淳埴谷雄高(はにやゆたか)らがいて、実存主義的傾向を共通の特徴とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せんごはぶんがく【戦後派文学】

第二次大戦後に登場した文学の一派。心理主義的・実存主義的手法を取り入れ、政治と文学の問題を軸に戦争責任・主体性の問題などを主題として追求した。主な作家・批評家に野間宏・椎名麟三・梅崎春生・大岡昇平・武田泰淳・埴谷雄高らがいる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦後派文学
せんごはぶんがく

文芸用語。太平洋戦争終結後の1946年(昭和21)から、朝鮮戦争勃発(ぼっぱつ)の50年ごろまで、すなわち戦後登場した一群の新人たちの文学をさす。既成文学や、戦前のプロレタリア文学運動の流れをくむ民主主義文学と一線を画した同派の理論的支柱になった評論家には、雑誌『近代文学』に拠(よ)る荒正人(まさひと)、平野謙(けん)、本多秋五(しゅうご)、佐々木基一(きいち)、山室静(やまむろしずか)らと、花田清輝(きよてる)、加藤周一らがある。小説家には、『暗い絵』の野間宏(ひろし)、『深夜の酒宴』の椎名麟三(しいなりんぞう)、『桜島』の梅崎春生(はるお)のほか、中村真一郎、武田泰淳(たいじゅん)、埴谷雄高(はにやゆたか)、大岡昇平、福永武彦、三島由紀夫(ゆきお)、安部公房(こうぼう)、島尾敏雄(としお)、堀田善衛(ほったよしえ)らがいて、観念性の強い作風と、実存主義的傾向を共通の特徴とした。[大久保典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戦後派文学の関連キーワードアプレゲール公族戦後戦無派大戦テニアン島南洋群島肉体文学ビート族スパツィアリスモ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone