コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古武道 こぶどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古武道
こぶどう

古来の武芸,武術,兵法,武士道などの修行道。知育,徳育,体育を兼ねそなえ,礼を重んじる武士教育の道であった。 13世紀鎌倉時代には,武士の間に「弓馬の道」が尊重され,流鏑馬 (やぶさめ) ,犬追物 (いぬおうもの) ,笠懸 (かさがけ) などが盛んに行われ,その後刀槍の発達により槍剣弓馬が代表となり,さらに柔 (やわら) や砲術,棒術,杖術など多彩な武術が江戸時代初期にまでみられるようになった。明治以後,武術的意義が消えるとともに体育としての整理統合が行われ,柔道,剣道,弓道,なぎなたがこれら古武道から新しく生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

古武道の関連キーワードアブドゥーラ イブラヒム吉井(群馬県)嘉手川 重夫大日本武徳会喜屋武 真栄小笠原 清信富名腰義珍日本武道館楠見彰太郎SEIGO日野加奈愛上杉陽一鈴木幸二藤原道山綿谷 雪リー村山古澤周一加藤幸司豊嶋稔十手術

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古武道の関連情報