コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古水温 こすいおんpaleotemperature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古水温
こすいおん
paleotemperature

化石から推定される過去の水温。化石硬組織をつくる炭酸カルシウム中の酸素同位体比を用いて古代の海水温度を推定する試みが行われている。生きている貝の貝殻中の炭酸カルシウムと海水との間には,酸素の同位体交換反応がある。その反応の平衡定数は温度のみの関数である。海水の酸素同位体比 ( 18O/16O ) に永年変化がなかったとすれば,貝化石中に保存されている炭酸カルシウム中の同位体比は温度のみの関数なので,天然の貝化石の同位体比を測定して過去の浅海の水温変化を知ることができる。白亜紀の矢石類 (ベレムナイト) についての水温測定例が著名であるが,ほかにもジュラ紀のアンモナイトや現生オウムガイ類についての測定例があって,生息場所の海水温の季節変化や,個体の寿命,生息環境を推定するなど応用的価値もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古水温の関連キーワード浮遊性有孔虫古気候指示物古気候

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android