コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古渓 こけい

1件 の用語解説(古渓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古渓
こけい

[生]天文1(1532)
[没]慶長2(1597)
室町から安土桃山時代臨済宗の僧。名は宗陳,号は大慈広照禅師。大徳寺の住職。豊臣秀吉の尊信を受け,門弟の千利休が秀吉によって刑されたときその禍が大徳寺にも及ぼうとしたが,古渓が秀吉を説得して事なきを得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古渓の関連キーワード法華一揆犬筑波集享禄天文ルイス・フロイスカハマルカガルガンチュワとパンタグリュエル漢水享禄君主論

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古渓の関連情報