コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古渓 こけい

1件 の用語解説(古渓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古渓
こけい

[生]天文1(1532)
[没]慶長2(1597)
室町から安土桃山時代臨済宗の僧。名は宗陳,号は大慈広照禅師。大徳寺の住職。豊臣秀吉の尊信を受け,門弟の千利休が秀吉によって刑されたときその禍が大徳寺にも及ぼうとしたが,古渓が秀吉を説得して事なきを得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古渓の関連キーワード組合せアルキル基階乗基底数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学勃・歿・没三角数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古渓の関連情報