コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古渓 こけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古渓
こけい

[生]天文1(1532)
[没]慶長2(1597)
室町から安土桃山時代臨済宗の僧。名は宗陳,号は大慈広照禅師。大徳寺の住職。豊臣秀吉尊信を受け,門弟千利休が秀吉によって刑されたときその禍が大徳寺にも及ぼうとしたが,古渓が秀吉を説得して事なきを得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古渓の関連キーワード高知県高岡郡四万十町見付大仙院書院庭園泰阜[村]泰阜(村)玉甫紹琮養鸕徹定春屋宗園近衛信尹神屋宗湛油屋紹佐清巌宗謂成田為三浜辺の歌蒲庵宗陳高桐院不審庵永保寺方広寺菊隠佐伯

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古渓の関連情報