コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古渡城 ふるわたりじょう

1件 の用語解説(古渡城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ふるわたりじょう【古渡城】

愛知県名古屋市中区にあった戦国時代の平城(ひらじろ)。四方を二重の堀で囲まれた東西約140m、南北約100mの城郭だった。織田信秀織田信長の父)が今川氏豊から那古野城名古屋市中区)を奪って居城を移した翌年の1534年(天文3)、今川氏に対する東南方向の備えとして築城し、当時、吉法師と呼ばれていた幼少の嫡男・信長に那古野城を譲り、信秀の居城とした城である。1546年(天文15)、13歳の信長は、この城で元服した。1548年(天文17)、信秀が美濃に侵攻している際に、清洲城(清須市)の尾張下四郡の守護代・織田信友の家臣・坂井大膳らが城主の不在をねらって古渡城を攻撃して城下町を焼いたが、城は落城しなかった。この年、信秀は末森城(名古屋市千種区)を築いて、新たな居城としたため、築城後わずか14年で廃城になった。現在、かつての城跡は真宗大谷派東本願寺名古屋別院の敷地などになっている。また、別院に隣接した下茶屋公園は、古渡城の堀跡を利用して整備された公園である。別院の境内に古渡城跡碑が建っているが、残念ながら、城の遺構はほとんど残っていない。名古屋市営地下鉄名城線東別院駅から徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古渡城の関連キーワードエスカASUNAL HALLサカエチカテルミナ名古屋市民会館名古屋能楽堂名古屋パルコ名古屋ヒルトンプラザ松坂屋 名古屋店メルサ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone