コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古湯[温泉] ふるゆ

世界大百科事典 第2版の解説

ふるゆ【古湯[温泉]】

佐賀県佐賀郡富士町にある温泉。単純泉,36~42℃。長崎本線佐賀駅からバスで約50分。脊振(せふり)山地南部,嘉瀬(かせ)川(川上川)上流の山間盆地,貝野川が合流する所にある。主要泉源に鶴霊(かくれい),富士,英竜などがあり,江戸後期,古湯村の庄屋が水にツルの遊ぶのをみて古い泉口を掘りあて,鶴霊温泉ともよんだという。リウマチや神経痛,外傷などに効能があるという。渓流にはカジカが生息し,山菜や川魚料理が楽しめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone