コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古湯[温泉] ふるゆ

1件 の用語解説(古湯[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふるゆ【古湯[温泉]】

佐賀県佐賀郡富士町にある温泉。単純泉,36~42℃。長崎本線佐賀駅からバスで約50分。脊振(せふり)山地南部,嘉瀬(かせ)川(川上川)上流の山間盆地,貝野川が合流する所にある。主要泉源に鶴霊(かくれい),富士,英竜などがあり,江戸後期,古湯村の庄屋が水にツルの遊ぶのをみて古い泉口を掘りあて,鶴霊温泉ともよんだという。リウマチや神経痛,外傷などに効能があるという。渓流にはカジカが生息し,山菜や川魚料理が楽しめる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古湯[温泉]の関連キーワード大湯温泉片瀬温泉宝川温泉堂ヶ島温泉花巻温泉発哺温泉水上温泉湯村温泉谷川温泉湯檜曽温泉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone