コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脊振 せふり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脊振
せふり

佐賀県東部,神埼市北部の旧村域。脊振山南斜面に位置し,中央を城原川が南流する。 1889年村制施行。 2006年神埼町,千代田町と合体して神埼市となる。中心集落は広滝。丘陵性の山地が大部分を占め,林業,高冷地野菜の栽培が行なわれるほか,鎌倉時代の禅僧栄西が宋から茶種を持ち帰り栽培した日本茶発祥の地と伝えられ,茶の生産が盛ん。脊振北山県立自然公園川上金立県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脊振
せふり

佐賀県北東部、神埼(かんざき)郡にあった旧村名(脊振村(むら))。現在は神埼市脊振町で、市の北部を占める地域。旧脊振村は、2006年(平成18)神埼、千代田の2町と合併して市制施行、神埼市となった。脊振山地に位置する。脊振の名は北端、福岡県境にある脊振山に由来する。地域の大部分は、筑後(ちくご)川に注ぐ城原(じょうばる)川の上流域にある。政所(まんどころ)、鳥羽院(とばいん)などの集落名が目につくが、平安後期、神埼荘(しょう)はこの山間部に及んでいた。公有林が多く、スギ、ヒノキなどの植林で知られ、植林の父徳川権七(ごんしち)翁の碑が立つ。カキ、クリ、シイタケなどのほか、レタスなどの野菜栽培や酪農も行われる。地域外通勤も多い。脊振北山(ほくざん)県立自然公園の脊振山には、脊振神社上宮弁財天(べんざいてん)やレーダー基地が山頂付近に、またフランス人飛行家ジャピー遭難碑や茶祖栄西(えいさい)禅師像がある。脊振峡眼鏡橋、広滝第一発電所もある。[川崎 茂]
『服巻四郎編著『脊振村誌』(1958・脊振村) ▽服巻四郎編著『脊振路』(1965・脊振村) ▽『脊振村史』(1994・脊振村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

脊振の関連キーワード佐賀県佐賀市富士町関屋脊振雷山県立自然公園北山(佐賀県)東脊振〈村〉筑紫野[市]佐賀県神埼市那珂川[町]中原[町]小城[町]佐賀[市]前原[市]神埼[市]七山[村]早良[区]二丈〈町〉大和[町]上峰[町]糸島[市]徳川 権七大和〈町〉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

脊振の関連情報