コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古版本 コハンポン

百科事典マイペディアの解説

古版本【こはんぽん】

古い年代の版本。古さについての確定的な取決めはないが,和書では奈良時代に唐から木版印刷技術が伝わって以来,江戸時代慶長,元和年代に至るまでの間に刊行されたもの,漢書では明の嘉靖年代以前のもの,洋書では17世紀以前のものを常識的に古版本とする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こはんぽん【古版本】

古版の本。日本では、江戸初期以前、中国では明代以前の版本をいう。こはんぼん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

古版本

古い時代に印刷された本のことであるが,日本では一般的に室町時代末期までの版本をいう.古活字本を含める場合は,江戸時代の慶長から寛永末年頃までになる.旧刊本(きゅうかんぽん)ともいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

古版本の関連キーワードブリンマー・カレッジゲッティンゲン大学Z. ハーニン七経孟子考文和田 万吉経籍訪古志大英博物館内閣文庫島田 翰狩谷棭斎渡辺信古本屋用捨箱根来版古刊本大内版島田翰元版謡本集字

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android