コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古琵琶湖層群 こびわこそうぐんkobiwako group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古琵琶湖層群
こびわこそうぐん
kobiwako group

滋賀県から三重県にわたる近江盆地伊賀盆地上野盆地)に分布する湖成層生成の時代は新第三紀鮮新世から第四紀更新世にわたる。地層の厚さは 500m以上あり,凝灰岩層が 10枚以上含まれている。1988年に,約 220万年前の上部の地層中約 30地点から,ゾウやシカ類の数百個の足跡化石が発見され,広く知られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

古琵琶湖層群の関連キーワード大津(市)水口丘陵野洲川日野川信楽

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android