コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江盆地 おうみぼんち

7件 の用語解説(近江盆地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近江盆地
おうみぼんち

滋賀県中央部にある断層盆地。東は伊吹山地鈴鹿山脈,西は比良山地に囲まれ,中央に琵琶湖をいだく。地形上は洪積台地 (湖岸段丘) ,扇状地三角州に分けられる。台地は瀬田,水口,滋賀などの丘陵および饗庭野 (あえばの) ,泰山寺野などで,湖底に堆積した古琵琶湖層から成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうみ‐ぼんち〔あふみ‐〕【近江盆地】

比良山地と鈴鹿山地に囲まれた断層盆地。ほぼ全域が滋賀県に属し、中央の低地に琵琶湖がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

近江盆地【おうみぼんち】

滋賀県中央部,琵琶湖を抱く断層盆地。湖の東岸は野洲川日野川愛知(えち)川などの扇状地や三角州が湖東平野を形成,西岸は急な扇状地が発達。開拓は古く,条里制の遺構がみられる。
→関連項目滋賀[県]琵琶湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうみぼんち【近江盆地】

滋賀県の中央部を占め,東縁を伊吹山地と鈴鹿山脈,西縁を比良(ひら)山地に囲まれ,中央に琵琶湖をたたえる断層盆地。北部は姉川沖積平野が広い面積を占め,開発の歴史が古く,石器時代の遺跡や式内社の数が多い。北部は冬季の積雪が多く,農業は米作が主で,JR北陸本線,国道8号線,北陸自動車道が通じ,生活,経済の面で北陸地方との関係が濃密である。なお条里地割と畦畔木のみられる湖北独特の水田景観は最近の大規模圃場整備によってほとんど消滅した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうみぼんち【近江盆地】

滋賀県の中央部を占める盆地。西側の比良山地と東側の鈴鹿山脈との間の断層盆地で、中央の低所が琵琶湖となっている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕近江盆地(おうみぼんち)


滋賀県中央部の盆地。東は伊吹(いぶき)山地・鈴鹿(すずか)山脈、西は比良(ひら)山地、南は信楽(しがらき)山地、北は野坂(のさか)山地に囲まれ、中央に琵琶(びわ)湖を抱える。第三紀にできた瀬戸内(せとうち)陥没帯の延長部にあたる地溝性盆地。東部は湖東(ことう)平野、南部は湖南(こなん)平野ともよばれる。琵琶湖に注ぐ姉(あね)川・日野(ひの)川・愛知(えち)川・安曇(あど)川などが広大な扇状地・三角州をつくる。南部の瀬田(せた)川は琵琶湖から流出する唯一の排水河川。古くから穀倉地帯として知られ、稲作のほか花卉(かき)などの栽培が盛ん。湖東のJR東海道本線沿線などで都市化が進む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近江盆地
おうみぼんち

近畿地方の中央低地帯北部を占める盆地。ほぼ全域が滋賀県に属する。中央部には日本最大の琵琶(びわ)湖がある。新生代第三紀末に生じた瀬戸内陥没地帯の延長部にあたり、京都盆地や奈良盆地と同じ地溝性の盆地である。したがって比良(ひら)山地や鈴鹿(すずか)山地などの地塁性の山地によって囲まれている。これらの地塁山地は一般に秩父中・古生層からなっているが、中生代のものはなく、新生代第三紀、第四紀の堆積岩(たいせきがん)や変成岩からなる。伊吹(いぶき)、鈴鹿両山系北部は石灰岩や白雲岩が卓越しカルスト地形がみられる。湖西、湖南の比良、比叡(ひえい)、信楽(しがらき)山地は花崗岩(かこうがん)が露出し、バッドランドが多い。また西側は急崖(きゅうがい)で、東西の山地は非対称的。これらの山麓(さんろく)には洪積層の古琵琶湖層群が堆積して丘陵を形成し、さらにその前面には河川によって形成された扇状地、沖積平野、三角州などが湖岸に向かって広がっている。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

近江盆地の関連キーワード湖北伊吹颪伊吹柏槙伊吹艾貝塚伊吹伊吹だいこん伊吹の里クラトン内部の盆地滋賀県米原市伊吹伊吹〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone