コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖成層 こせいそうlacustrine sediment; lake sediment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖成層
こせいそう
lacustrine sediment; lake sediment

湖底の堆積物素因とする地層。薄い葉理がみられることがあり,一般に岩相だけでは海成層と区別しがたいが,淡水生貝,ケイ藻などの化石によって湖成層と判断される。植物化石を多産するのも湖成層の特徴といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖成層
こせいそう

湖で堆積(たいせき)した地層。気候、周辺の植生、流入する砕屑(さいせつ)物の性質によってさまざまな堆積物からなる。閉塞(へいそく)された水域のため気候の影響を受けやすく、堆積時の気候的特徴が記録されている場合が多い。季節変化の明瞭(めいりょう)な地域では、1対の葉理が1年の季節変化を示す縞状(しまじょう)堆積物が発達することがあり、年縞(ねんこう)とよばれる。とくに氷河湖底のものは氷縞粘土とよばれる。乾燥地域では湖水の蒸発により石膏(せっこう)や岩塩などの蒸発岩が形成される。[小松原純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

湖成層の関連キーワード中山平[温泉]ウンブリア州古琵琶湖層群木の葉化石園古瀬戸内海マニトバ州都城盆地丹那盆地手取層群木の葉石陸成層白亜紀吾妻川珪藻土屋島湖底

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android