古田重恒(読み)ふるた しげつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古田重恒 ふるた-しげつね

1603-1648 江戸時代前期の大名。
慶長8年生まれ。古田重勝(しげかつ)の長男。元和(げんな)9年叔父古田重治(しげはる)の跡をつぎ,石見(いわみ)(島根県)浜田藩主古田家2代となる。正保(しょうほ)3年跡目相続をめぐって古田騒動がおきた。慶安元年6月16日死去。46歳。嗣子がなく家は断絶した。その死は自殺ともつたえられる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android