コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開く ハダク

4件 の用語解説(開くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はだ・く【開く】

[動カ下二]はだける」の文語形。

ひら・く【開く】

[動カ五(四)]

㋐閉じふさがっていたものがあけ広げられる。あいた状態になる。「戸が―・く」「傷口が―・く」
㋑花が咲く。「梅の花が―・く」
㋒物事が始まる。業務が始まる。「店が―・く」
㋓二者の間に差ができる。隔たり・差が大きくなる。「値が―・く」「点数が―・く」
㋔わだかまりがなくなる。「心が―・く」
㋕力のためがなく、姿勢の向きがすぐ変わる。「からだが早く―・くので打球がファウルになりやすい」
㋖《投票箱を開くところから》開票が始まる。

㋐閉じふさがっていたものをあけ広げる。「窓を―・く」
㋑(「披く」「展く」とも書く)畳んであるもの、閉じてあるものなどを広げる。「本を―・く」
㋒物事を始める。業務を始める。また、金融機関に口座を設ける。「幕府を―・く」「店を―・く」「口座を―・く」
㋓(「拓く」とも書く)未開拓の場所・土地などに手を入れて利用できるようにする。開拓する。開墾する。「山林を―・く」
㋔あけて道をつくる。道をゆずる。「血路を―・く」「後進に道を―・く」
㋕よい方へ向くように努める。「自分で運を―・く」
㋖隔たり・差を大きくする。「差を―・く」「後続ランナーとの距離を次第に―・く」
㋗わだかまりなどを取り去る。包み隠してあるものをなくす。「胸襟を―・く」
㋘身をかわす。「右に体を―・いて投げを打つ」
㋙(「啓く」とも書く)知識を授ける。啓発する。「蒙(もう)を―・く」
㋚会などを催す。「展示会を―・く」
㋛数学で、平方根・立方根を求める。また、括弧(かっこ)付きの式を括弧のない形に変える。
㋜原稿の、文章中の漢字をかなに書きなおす。「かなに―・く」→閉じる
忌み詞で、終わる、逃げる。
「急ぎいづ方へも御―・き候ふべし」〈古活字本保元・中〉
盛んにする。
「楽しみを春の花の前に―・き」〈古活字本平治・中〉
疑わしいことを解明する。
「不審を―・かんために」〈太平記・二五〉
明(あ)ける[用法]
[可能]ひらける
[動カ下二]ひらける」の文語形。
[下接句]肝胆を披(ひら)く・胸襟を開く襟(きん)を披(ひら)く口を開く心を開く枯木(こぼく)に華(はな)開く小間物屋を開く愁眉(しゅうび)を開く叩(たた)けよさらば開かれん鉢を托(ひら)く兵端を開く眉を開く目を開く蒙(もう)を啓(ひら)く門戸を開く

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はだく【開く】

( 動下二 )
〔「はたく」とも〕

ひらく【開く】

( 動五[四] )
(自動詞)
さえぎっていた物が移動して、そこを通ったり見通したりできるようになる。 ↔ しまるとじる 「風で戸が-・く」 「窓が-・いて子供が顔を出す」
閉じているものが、一点を支点として広がる。 ↔ とじる 「傘が-・かない」
先の方が広がる。 ↔ とじる 「裾すその-・いたズボン」
つぼみの状態だった花が咲く。 「桜の花が-・く」
隔たりが大きくなる。 「差が-・く」 「年の-・いた兄弟」
体を引く。体を引いて構える。また、身をかわす。 「体を-・く」 「相手の刃物を押へんと前にふさがり後に-・き/浄瑠璃・博多小女郎
(戦陣・慶事などでの忌み詞として)
退散する。解散する。閉会する。お開きにする。 「いづ方へも御-・き候べし/保元 中・古活字本
去る。 「十箇年以前に鈴鹿山を-・いた御方が御座るが/狂言・岩太郎 三百番集本
(他動詞)
さえぎっていた物を移動させて、そこを通ったり見通したりできるようにする。あける。 ↔ しめるとじる 「扉を-・く」 「窓を-・く」 「外国に対して門戸もんこを-・く」 → ひらかれた
閉じているものを、一点を支点として広げる。 ↔ とじる 「扇子せんすを-・く」 「教科書の三〇ページを-・きなさい」
口や目をあける。 ↔ とじる
人や動物が自分の口や目をあける。 「大きく口を-・く」 「私が『はい』と言ったら目を-・いて下さい」
(「口を開く」の形で)話し始める。 「最初に口を-・いた人」
(「目を開く」の形で)関心・興味を抱くようにする。 「先生が仏教美術について私の目を-・いてくれた」
袋状・箱状のものや紙・布などで包まれていたものを、あけて中身を出す。 「風呂敷包みを-・く」
(「披く」「展く」とも書く)たたんであるものやはってあるものを広げる。 「手紙を-・く」
(「花を開く」の形で)花が咲く。 「つつじは五月の中ごろ花を-・く」
開店する。業務を始める。 ↔ しめるとじる
店・事務所などがその日の営業・業務を始める。開店する。あける。 「毎朝九時に店を-・く」
店・事務所などを作って業務を始める。開店する。また、預金の口座を設ける。 「駅前に喫茶店を-・いた」 「銀行に口座を-・く」
会を催す。開催する。 「個展を-・く」 「同窓会を-・く」
(「拓く」とも書く)土地に手を加えて、人間生活により便利なようにする。
新たに道を作る。比喩的にも用いる。 「ジャングルに道を-・く」 「血路を-・く」 「物理学発展の道を-・く」
荒れた土地に手を加えて農耕や住居に適したものにする。開墾する。開拓する。 「原野を-・く」 「この町は屯田兵が-・いた」
新たに物事を興す。創業する。また、新しい流派を樹立する。 「源頼朝は鎌倉に幕府を-・いた」 「真言宗を-・いた空海」
自分の考え、心の内面を他人に見せる。 ↔ とじる 「よそ者にはなかなか心を-・かない」
(「啓く」とも書く)暗愚を解消する。 「蒙もうを-・く」 「悟りを-・く」
〘数〙
平方根・立方根などを求める。 「平方に-・く」
括弧の付いた式を括弧のない形に変える。 「 a x b )の括弧を-・くと a x a b となる」
木版印刷で、開版する。出版する。 「版を-・く」 〔本来は「開ける」に対する他動詞〕
[可能] ひらける
( 動下二 )
[慣用] 胸襟きようきんを- ・小間物屋を- ・愁眉しゆうびを- ・眉まゆを-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開くの関連キーワード仰向く東塞がり塞がるがさつ・くがっつ・く姑の場ふさがり立塞がるびくつ・く房房閉塞感

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開くの関連情報