開く(読み)ヒラク

デジタル大辞泉「開く」の解説

ひら・く【開く】

[動カ五(四)]

㋐閉じふさがっていたものがあけ広げられる。あいた状態になる。「戸が—・く」「傷口が—・く」
㋑花が咲く。「梅の花が—・く」
㋒物事が始まる。業務が始まる。「店が—・く」
㋓二者の間に差ができる。隔たり・差が大きくなる。「値が—・く」「点数が—・く」
㋔わだかまりがなくなる。「心が—・く」
㋕力のためがなく、姿勢の向きがすぐ変わる。「からだが早く—・くので打球ファウルになりやすい」
㋖《投票箱をくところから》開票が始まる。

㋐閉じふさがっていたものをあけ広げる。「窓を—・く」
㋑(「披く」「展く」とも書く)畳んであるもの、閉じてあるものなどを広げる。「本を—・く」
㋒物事を始める。業務を始める。また、金融機関に口座を設ける。「幕府を—・く」「店を—・く」「口座を—・く」
㋓(「拓く」とも書く)未開拓の場所・土地などに手を入れて利用できるようにする。開拓する。開墾する。「山林を—・く」
㋔あけて道をつくる。道をゆずる。「血路を—・く」「後進に道を—・く」
㋕よい方へ向くように努める。「自分で運を—・く」
㋖隔たり・差を大きくする。「差を—・く」「後続ランナーとの距離を次第に—・く」
㋗わだかまりなどを取り去る。包み隠してあるものをなくす。「胸襟を—・く」
㋘身をかわす。「右に体を—・いて投げを打つ」
㋙(「啓く」とも書く)知識を授ける。啓発する。「もうを—・く」
㋚会などを催す。「展示会を—・く」
数学で、平方根・立方根を求める。また、括弧かっこ付きの式を括弧のない形に変える。
原稿の、文章中の漢字をかなに書きなおす。「かなに—・く」→閉じる
忌み詞で、終わる、逃げる。
「急ぎいづ方へも御—・き候ふべし」〈古活字本保元・中〉
盛んにする。
「楽しみを春の花の前に—・き」〈古活字本平治・中〉
疑わしいことを解明する。
「不審を—・かんために」〈太平記・二五〉
ける[用法]
[可能]ひらける
[動カ下二]ひらける」の文語形
[下接句]肝胆ひらく・胸襟を開くきんひら口を開く心を開く枯木こぼくはな開く小間物屋を開く愁眉しゅうびを開くたたけよさらば開かれん鉢をひら兵端を開く眉を開く目を開くもうひら・門戸を開く
[類語]開ける始める起こす創始する開業する始業する咲く開花満開爛漫花期花時早咲き遅咲き狂い咲き返り咲き二度咲き四季咲き室咲き綻びる花開く膨らむ咲き初める咲き乱れる咲きこぼれる・咲き競う・咲き揃う咲き匂う咲き誇る

はだ・く【開く】

[動カ下二]はだける」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android