コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切れる キレル

2件 の用語解説(切れるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き・れる【切れる】

[動ラ下一][文]き・る[ラ下二]
力が加わって、ひと続きのもの、つながっているものなどが分かれる。「ひもが―・れる」「緊張の糸が―・れる」
傷ついたり、裂け目ができたりする。「ひびが―・れる」「手の―・れるような札(さつ)」

㋐破れ崩れる。「堤防が―・れる」
㋑こすれてへる。すりきれる。「着物の裾が―・れる」「靴下が―・れる」
つながっていた関係がなくなる。「縁が―・れる」「彼女とはもう―・れた」

㋐今まで続いていたものが、途中やあるところでなくなる。「音信が―・れる」「電話が―・れる」「―・れた雲間から光がさす」
㋑並び続いているものがとだえる。「町並みが―・れる」「人通りが―・れる」

㋐売れたり使いきったりして今まであった物がなくなる。「品物が―・れている」「油が―・れる」
㋑それが有効である一定の時間・期間が終わりになる。「期限が―・れる」「車検が―・れる」「麻酔が―・れる」
㋒ある基準以下になる。不足する。「元値が―・れる」「目方が―・れる」
突然おこりだす。逆上する。かっとなる。「彼はすぐに―・れるから怖い」
振り落としたり、したたらせたりした結果、水分がなくなる。「洗った野菜の水気が―・れる」
進む方向が横へそれる。左右いずれかへ曲がる。「道が左へ―・れる」「打球が―・れる」
10 トランプ・カルタなどの札(ふだ)がよくまじり合う。
11 囲碁で、石がつながらない状態になる。
12
㋐刃物の切れ味が鋭い。「よく―・れる刀」
㋑見事な効果を示す。「技が―・れる」
㋒頭の働きが速く、物事をてきぱきと処理する能力にすぐれる。「頭が―・れる」「―・れる男」
13 (「息がきれる」の形で)激しい運動などのあと、せわしく苦しそうに呼吸する。
14 (「しびれがきれる」の形で)
㋐足がしびれる。
㋑待ちくたびれる。
15 (動詞の連用形に付いて、多く打消しの語を伴って用いる)
㋐最後までしとおすことができる。「こらえ―・れずに泣き出す」「逃げ―・れないと観念する」
㋑すっかり…することができる。「食べ―・れないほどのごちそう」
16 物事のきまりがつく。
「よき事もわろき事も其時ことは―・るるなり」〈愚管抄・五〉
17 勢力をもつ。幅が利く。
「わしゃあこではえらう―・れるがな」〈滑・膝栗毛・五〉
18 気前よく振る舞う。金離れがよい。
「是でもはづむ所では随分―・れて見せるよ」〈滑・浮世床・初〉
[下接句]油が切れる息が切れる堪忍袋の緒(お)が切れる痺(しび)れが切れる手が切れる元が切れる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きれる【切れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 き・る
一続きのものが、刃物によって力を加えられたり、引っ張られたりして、離ればなれになる。 「ザイルが-・れる」 「紙が-・れる」
傷がついたり裂け目ができたりする。また、ひび・あかぎれができる。 「唇が-・れて血が出る」 「ひびの-・れた手」 「常陸房が太刀は四十二所-・れたりけり/平家 12
物がこわれたり破れたりする。 「堤防が-・れて大水が出る」 「袖口が-・れる」
人と人とのつながりがなくなる。 「縁が-・れる」 「切っても-・れぬ仲」
言葉・文章が途切れたり、区切りができたりする。また、通信が継続しなくなる。 「この和歌は第三句で-・れる」 「電話が-・れる」
続いているものにすき間・切れ目が現れる。また、続いていたものがそこで終わりになる。 「雲が-・れて日がさす」 「五分も歩くと家並みが-・れる」 「車の流れが-・れるのを待つ」
つながっていた電気回路がつながらなくなる。 「一定の温度になるとスイッチが自動的に-・れる」
数値がある基準を下回る。不足する。 「目方が-・れる」 「元値が-・れる」
与えられた時間がなくなる。限りがくる。有効期間が終わる。 「定期が-・れた」 「来月で保険が-・れる」
使ったり売れたりして、尽きてなくなる。 「ご注文のノートは今-・れています」 「油が-・れる」
電池などに貯えられていた力がなくなる。 「電池が-・れる」
ぬれていたものから、水分がしずくとなって落ちつくす。 「てんぷらは余分な油が-・れてから盛りつける」
進む方向が変わる。 「ポストの所で右に-・れる」
刃物が鋭利である。 「よく-・れるナイフ」
事を処理する能力に富む。特に頭の働きがすぐれている。 「頭が-・れる」
トランプや花札の札がうまくまざる。 「よく-・れていないのか、ダイヤの札ばかりがくる」
突然怒ったり、見境がなくなることを、俗にいう語。「キレる」などと書く。 「近年の若者は、ささいなことですぐ-・れる」
(動詞の連用形について)
完全に…できる、最後まで…できるなどの意を表す。 「食べ-・れるかどうか」 「売り-・れる」
(多く心理的な動詞について)強く…する、すっきりと…できるなどの意を表す。多く打ち消しの表現を伴って用いられる。 「そうとも言い-・れない」
結末がつく。 「よき事もわろき事もその時事は-・るるなり/愚管 5」 → 事切れる
金銭を派手に使って気前のいいところを見せる。 「是でもはづむ所では随分-・れて見せるよ/滑稽本・浮世床
顔がきく。勢力がある。 「わしやあこではえらう-・れるがな/滑稽本・膝栗毛 5」 〔「切る」に対する自動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切れるの関連キーワード抉れる縊れる削れる群れる揺れる縒れるたく・れる腫れる霙れる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

切れるの関連情報