コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古知野 こちの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古知野
こちの

愛知県北西部,江南市の中心市街地。 1906年町制施行し,54年市に合体犬山扇状地にあり,江戸時代養蚕絹織物業中心地として栄えた。現在は化学繊維カーテンテーブルセンター,椅子張り地などの生産で名高い。周辺の農村部ではサトイモダイコンなどの野菜栽培が行われる。名古屋方面への通勤者も多く,約 3800戸の江南団地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の古知野の言及

【江南[市]】より

…第2次大戦後は化繊織物に転じ,カーテン地など室内装飾品織物の生産が多くなっている。また鉄工機械,コンクリート,食料品加工業などの大工場の立地,古知野や名鉄犬山線布袋駅前への大型店舗の進出,さらには大規模な住宅団地の造成などにより名古屋市の衛星都市化が進んでいる。農業は野菜栽培が中心。…

※「古知野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古知野の関連キーワード服部 兼三郎江南(市)服部兼三郎江南[市]サン電子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古知野の関連情報