古筆了周(読み)こひつ りょうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古筆了周 こひつ-りょうしゅう

1670-1686 江戸時代前期の古筆鑑定家。
寛文10年生まれ。古筆宗家3代了祐(りょうゆう)の養子となり,4代をついだ。母は古筆了佐の娘。貞享(じょうきょう)3年1月1日死去。17歳。本姓は小川。姓は平沢。名は重忠。別号に不妙庵法宜。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android