コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古筆了珉 こひつ りょうみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古筆了珉 こひつ-りょうみん

1645-1701 江戸時代前期の古筆鑑定家。
正保(しょうほ)2年生まれ。古筆宗家5代。古筆別家初代一村の孫で,宗家4代了周が早世したため,その跡をつぐ。別家の了仲とともに幕府につかえ,寺社奉行支配の古筆見となった。元禄(げんろく)14年2月19日死去。57歳。姓は平沢。名は重政。通称は六蔵。別号に即空庵玉翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古筆了珉の関連キーワード古筆了音

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android