コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古筆了珉 こひつ りょうみん

1件 の用語解説(古筆了珉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古筆了珉 こひつ-りょうみん

1645-1701 江戸時代前期の古筆鑑定家。
正保(しょうほ)2年生まれ。古筆宗家5代。古筆別家初代一村の孫で,宗家4代了周が早世したため,その跡をつぐ。別家の了仲とともに幕府につかえ,寺社奉行支配の古筆見となった。元禄(げんろく)14年2月19日死去。57歳。姓は平沢。名は重政。通称は六蔵。別号に即空庵玉翁。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古筆了珉の関連キーワードキッド浅野長矩スペックスロトルー赤穂藩キッド赤穂城赤穂(市)赤穂藩浅野氏

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone