コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古紙(故紙) こしwastepaper

翻訳|wastepaper

世界大百科事典 第2版の解説

こし【古紙(故紙) wastepaper】

一度紙として市販され,印刷や加工処理などを行ったのち使用の目的を終えた紙で,古紙パルプの原料となる。古紙の種類は紙の種類と同じくらい多いが,統計上は表のように分類される。日本の古紙回収率は世界でもかなり高く(1995年で51.5%,ドイツ66.5%,オランダ65.7%,オーストリア65.3%,スウェーデン58.1%,韓国55.7%),とくに新聞紙の回収率は高く,貴重な資源として活用されている。集荷した古紙は,大量の水を加えて激しくかきまぜ,ばらばらの繊維として再びパルプ化される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の古紙(故紙)の言及

【紙・パルプ工業】より

…新聞用紙や印刷用紙,ティッシュペーパーといった生活関連需要を満たす洋紙と,段ボール箱などの産業用包装資材の原紙となる板紙,および両者の原料であるパルプを供給する工業をいう。パルプを原料として各種紙類を生産する産業を製紙業ないし製紙工業という。
[世界の概況]
 パルプ生産はアメリカが世界の1/3余りを占め,2位のカナダを加えると北アメリカで世界生産の半分を占める。日本は中国に次ぎ4位である。カナダが最大の輸出国で,ほかにアメリカ,スウェーデン,フィンランドが主要輸出国である。…

※「古紙(故紙)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android