コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古葉竹識 コバタケシ

2件 の用語解説(古葉竹識の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こば‐たけし【古葉竹識】

[1936~ ]プロ野球選手・監督。熊本の生まれ。昭和33年(1958)広島に入団。昭和50年(1975)広島の監督に就任し、チームリーグ初優勝に導く。昭和54年(1979)には日本一となり、広島の黄金時代を築いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古葉竹識 こば-たけし

1936- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和11年4月22日生まれ。日鉄二瀬をへて,昭和33年広島に入団。遊撃手,二塁手として活躍し,39,43年盗塁王。実働14年,1369安打,2割5分2厘,263盗塁。50年監督となり,機動力野球で赤ヘル旋風をまきおこし,セリーグ初優勝。60年まで監督をつとめ,優勝4回(日本一3回)。62年から3年間大洋監督。平成11年野球殿堂入り。熊本県出身。専修大中退。本名は毅。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古葉竹識の関連キーワード数学基礎論ジョージ人民戦線トヨダAA型浪華悲歌日本映画クイーンメリー妖棋伝岡田啓介内閣オリンピック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古葉竹識の関連情報