コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古賀辰四郎 こが たつしろう

2件 の用語解説(古賀辰四郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古賀辰四郎 こが-たつしろう

1856-1918 明治-大正時代の商人。
安政3年1月18日生まれ。明治12年沖縄にわたり,夜光貝の殻や羽毛などを採集して輸出。29年尖閣(せんかく)諸島開拓の許可を得,移民に開墾指導をする。鰹節(かつおぶし)の生産など,おおくの事業を展開し,沖縄の産業振興に貢献した。大正7年8月15日死去。63歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古賀辰四郎

没年:大正7.8.15(1918)
生年:安政3.1.18(1856.2.23)
尖閣諸島の開拓者。福島県の生まれ。明治12(1879)年沖縄に渡って古賀商店を開設し,夜光貝や羽毛を扱った。同29年に尖閣諸島の開拓認可を受けると,ただちに開発事業に着手した。住宅や水タンクを建設し,出稼ぎ者50人を送り込んだ。羽毛の採取,フカヒレ・鰹節の製造,燐の採掘など多彩な事業を展開した。後年,尖閣での事業を撤収したため同諸島は再び無人島となる。中国との間で取り沙汰されている尖閣諸島領有権問題において,日本側は古賀の事業を根拠にその実効的支配を主張している。<参考文献>西里喜行『近代沖縄の寄留商人』

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古賀辰四郎の言及

【尖閣諸島】より

…隆起サンゴ礁,角セン石安山岩,礫質(れきしつ)砂岩からなる火山島で,南側は断崖で北側へ緩傾斜をなす。1884年ころから諸島を探検していた古賀辰四郎(1856‐1918)は96年に諸島開拓の認可を受け,群生する海鳥類の糞と羽毛の採集を行い,また,カツオのシーズンには鰹節製造も行った。黄尾嶼は魚釣島の北東約28kmにあり,コバ,胡馬,ヨコンとも呼ばれた。…

※「古賀辰四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古賀辰四郎の関連キーワード先島諸島尖閣諸島琉球諸島開拓者穴沢祐造沖山権蔵徳川幹子中条政恒藤井富伝和田郁次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古賀辰四郎の関連情報