夜光貝(読み)ヤコウガイ

デジタル大辞泉の解説

やこう‐がい〔ヤクワウがひ〕【夜光貝】

リュウテンサザエ科の巻き貝潮間帯下の岩礁にすみ、貝殻は球卵形で、殻径約20センチと大形。殻は厚く、表面は緑茶色、内面は真珠光沢が強い。奄美群島以南に産し、肉は食用、殻は貝細工螺鈿(らでん)の材料。もと、屋久島から献上されたことから「やくがい」とよばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やこうがい【夜光貝】

海産の巻貝。殻高約18センチメートル、殻径約20センチメートル。サザエに似るが、大形で殻にとげがない。殻表は緑褐色の地に黒褐色と淡黄色の斑紋がある。肉は食用。貝殻は螺鈿らでんや貝細工に用いる。奄美諸島以南の熱帯海域に分布。青貝あおがい。夜久貝。 〔「屋久貝やくがい」から転じた名で、光ることはない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

夜光貝 (ヤコウガイ)

学名:Lunatia marmorata
動物。リュウテンサザエ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やこう‐がい ヤクヮウがひ【夜光貝】

〘名〙 リュウテンサザエ科の大形の巻き貝。奄美諸島以南から太平洋熱帯域のサンゴ礁に分布する。殻はサザエ形で厚く、殻径約二五センチメートルの大きさになる。表面は青緑色で、褐色の斑紋があり、低いこぶの列がある。内面は真珠光沢が強い。「夜光」の名はあるが発光することはなく、屋久島から献上されたため「やくがい」といい、その変化という。殻は古来螺鈿(らでん)細工に使われ、正倉院宝物の中にもこれを用いたものがある。肉は食用になる。やこうのかい。→夜久貝(やくがい)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜光貝の関連情報