コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古遠部鉱山 ふるとべこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古遠部鉱山
ふるとべこうざん

秋田県鹿角郡小坂町字古遠部にあった三菱金属系の古遠部鉱業の鉱山。 1960年頃から開発が進められた。鉱床玄武岩流紋岩母岩とする黒鉱 (くろもの) 鉱床。充填式上向き階段掘りによる坑内採掘で,粗鉱年産 17万t,従業員 290人 (1979) 。銅,鉛,亜鉛,硫化鉄を産し,銅精鉱は小名浜製錬所へ,鉛,亜鉛精鉱は細倉製錬所その他へ送っていた。 86年3月鉱量枯渇により閉山した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古遠部鉱山
ふるとおべこうざん

秋田県北東部、鹿角(かづの)郡小坂(こさか)町にある黒鉱鉱山。1963年(昭和38)1か月1万トン処理の選鉱場完成とともに操業を開始し、1970年三菱(みつびし)金属鉱業から古遠部鉱業に経営が移った。金銀の含有量が大きく、大黒沢鉱床の平均含有量は鉱石1トン当り、金7.5グラム、銀235グラム。ベテヒチン鉱など珍しい鉱物も産出したが1986年閉山。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android