コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古遠部鉱山 ふるとべこうざん

2件 の用語解説(古遠部鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古遠部鉱山
ふるとべこうざん

秋田県鹿角郡小坂町字古遠部にあった三菱金属系の古遠部鉱業の鉱山。 1960年頃から開発が進められた。鉱床は玄武岩,流紋岩を母岩とする黒鉱 (くろもの) 鉱床。充填式上向き階段掘りによる坑内採掘で,粗鉱年産 17万t,従業員 290人 (1979) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古遠部鉱山
ふるとおべこうざん

秋田県北東部、鹿角(かづの)郡小坂(こさか)町にある黒鉱鉱山。1963年(昭和38)1か月1万トン処理の選鉱場完成とともに操業を開始し、1970年三菱(みつびし)金属鉱業から古遠部鉱業に経営が移った。金銀の含有量が大きく、大黒沢鉱床の平均含有量は鉱石1トン当り、金7.5グラム、銀235グラム。ベテヒチン鉱など珍しい鉱物も産出したが1986年閉山。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone