コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古郡重政 ふるごおり しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古郡重政 ふるごおり-しげまさ

1599-1664 江戸時代前期の治水家。
慶長4年生まれ。駿河(するが)中里村(静岡県富士市)の郷士。寛永4年代官として富士川の治水工事に着手したが,完成をみないまま,寛文4年5月22日死去。66歳。通称は孫太夫。雁(かりがね)堤を考案したという。工事はその子重年に継承され延宝2年完成,加島新田がひらかれた。66歳。通称は孫太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古郡重政の関連キーワードマーストンガリレイ(年譜)古郡孫大夫工藤治兵衛南部重直秋田藩釜石市から東海市への集団移転九戸城難民審査参与員制度クロムウェル

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone