コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古郡重政 ふるごおり しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古郡重政 ふるごおり-しげまさ

1599-1664 江戸時代前期の治水家。
慶長4年生まれ。駿河(するが)中里村(静岡県富士市)の郷士。寛永4年代官として富士川の治水工事に着手したが,完成をみないまま,寛文4年5月22日死去。66歳。通称は孫太夫。雁(かりがね)堤を考案したという。工事はその子重年に継承され延宝2年完成,加島新田がひらかれた。66歳。通称は孫太夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古郡重政の関連キーワード総合年表(アメリカ)マーストンナンダ・バインマーストンガリレイ(年譜)古郡孫大夫アレクサンデル7世ラ・ロシュフコー工藤治兵衛南部重直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android