古韻(読み)こいん

精選版 日本国語大辞典「古韻」の解説

こ‐いん ‥ヰン【古韻】

〘名〙
① 中国、代からの頃まで用いられていた漢字。韻の分け方には学者によって諸説がある。広韻二百六韻以前の韻で、今韻すなわち平水韻の百七韻に対する語。
② 芸術などにむかしの風格があること。
※鉄幹子(1901)〈与謝野鉄幹〉廻灯籠「に大雅の(コヰン)なきも 君に玉瀾の絵筆あり」
古代詩賦歌曲など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android