コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召波 ショウハ

世界大百科事典 第2版の解説

しょうは【召波】

1727‐71(享保12‐明和8)
江戸中期の俳人。姓は黒柳,通称は清兵衛。別号は玄亭,春泥舎など。京都の人。はじめ江戸に出て服部南郭に漢詩を学び,そこで同門の蕪村と知り合い,俳諧に興味をもった。のち京都に帰り,竜草廬漢詩文を学び,漢詩人柳宏として世に知られた。そのころ俳諧は余技として親しんでいたようだが,1766年(明和3)に蕪村が三菓社を結成したときそれに参加して,以後俳諧に熱中するようになり,めきめき頭角をあらわした。去来,嵐雪其角,素堂らの作風を慕い,支考,麦林(乙由)らの俗調を排して蕪村に心酔し,離俗の生活を喜んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

召波の関連キーワード黒柳召波中興俳諧御身拭い田中布舟春泥句集黒柳維駒消し炭囲炉裏落ち栗走り炭小鳥網寒造り枯れ木夏虫岡見落穂虫籠綿子山葵牛祭

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android