可も無く不可も無し(読み)かもなくふかもなし

精選版 日本国語大辞典の解説

か【可】 も 無(な)く不可(ふか)も無(な)

① 言行にゆきすぎや不足がなく適切である。中道を得ている。
※京大本論語抄(16C前)微子第一八「伯夷は世上は悪とみたぞ。柳下恵は世上をよいとみたぞ。孔子はかうはないぞ。可もなく不可もないぢゃぞ」 〔論語‐微子〕
② 特によくもなく、また、悪くもない。欠点もない代わりに、取り立てていうほどの長所もない。平凡である。
※雑俳・末摘花(1776‐1801)四「女房のあぢは可もなくふかも無し」 〔後漢書‐光武紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android