コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可茂別雷命(賀茂別雷命) かもわけいかずちのみこと

1件 の用語解説(可茂別雷命(賀茂別雷命)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かもわけいかずちのみこと【可茂別雷命(賀茂別雷命)】

賀茂別雷神社(上賀茂社)の祭神。賀茂伝説によると玉依姫(比売)(たまよりひめ)が賀茂川に流れ来た丹塗矢(にぬりや)と婚して生んだ神だという。賀茂信仰の原始の姿は貴船の山に来臨する神が賀茂川に恵みの水をもたらすことを祈った御阿礼(みあれ)神事にうかがえる。〈ミアレ〉とは新しい神(この場合は雷神)の誕生をいう。賀茂伝説の基礎にはこの神事があり,ワケイカズチとは,この若い雷神の説話上の名称である。【武藤 武美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の可茂別雷命(賀茂別雷命)の言及

【賀茂伝説】より

…《釈日本紀》所引の《山城国風土記》逸文にみえる賀茂神社の縁起譚。山城の賀茂建角身(かもたけつのみ)命には,玉依日子(たまよりひこ),玉依姫(比売)(たまよりひめ)の2子があった。タマヨリヒメが瀬見(せみ)の小川(賀茂川の異称)のほとりに遊ぶとき丹塗矢(にぬりや)が川上より流れ下り,これを取って床の辺に挿し置くうちについにはらんで男子を産んだ。長ずるに及び7日7夜の宴を張り,タケツノミがこの子に〈汝が父と思はむ人に此の酒を飲ましめよ〉と言ったところ酒杯をささげて天に向かって祭りをなし,屋根を突き破って昇天した。…

【処女懐胎】より

…処女が,不思議な仕方で妊娠し,異能の男子を出産すること。古代ギリシア・ローマやオリエントをはじめ世界の各地に分布する英雄神話や王の誕生物語に見られるが,母親がすでに結婚している場合には,単なる英雄伝説にすぎず,処女懐胎物語とは区別される。妊娠の手段に,しばしば宗教儀礼や呪術が多用されることも物語に共通しているが,母親が処女であることが,物語要素の第1条件を構成している。処女崇拝あるいは処女の神聖視との関連が指摘されるであろう。…

※「可茂別雷命(賀茂別雷命)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

可茂別雷命(賀茂別雷命)の関連キーワード六条有容賀茂賀茂神社賀茂御祖神社賀茂別雷神社上賀茂神社賀茂の御生賀茂別雷命賀茂重政賀茂基久

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone