賀茂川(読み)かもがわ

百科事典マイペディア「賀茂川」の解説

賀茂川【かもがわ】

丹波高地の桟敷ヶ岳南麓に発し京都市街を南流,高野川を合して桂川に注ぐ川。長さ31km。高野川との合流点より下流鴨川と書く。かつてたびたび氾濫(はんらん)したが(《平家物語》),平時は水量が少なく,舟運は高瀬川琵琶湖疎水によった。また河原ともども歌枕として知られる。1935年護岸工事が完成。軟質の水を利用し,出町付近を中心に友禅染が行われる。賀茂・三条・四条・五条大橋などがかかり,四条河原は納涼地として近世以来有名。
→関連項目京都[府]京都盆地五条大橋花の御所南[区]源融

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「賀茂川」の解説

賀茂川
かもがわ

京都市を流れる鴨(かも)川の上流部をさす。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「賀茂川」の解説

かも‐がわ【賀茂川/鴨川】[京都市の川]

京都市東部を南流する川。桟敷ヶ岳(さじきがたけ)に源を発し、桂(かつら)川に注ぐ。長さ35キロ。高野川との合流点から上流を賀茂川、下流を鴨川と書く。友禅染め水洗いに利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android