コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史邦 ふみくに

世界大百科事典 第2版の解説

ふみくに【史邦】

江戸前期の俳人生没年不詳。姓は中村,通称は荒右衛門,のち根津宿之助と称した。中村春庵を名のり,尾張犬山の寺尾直竜に医師として仕えたが,去来手引きで上京,所司代与力となった。1690‐91年(元禄3‐4)ころ,芭蕉に教えを受け,丈草とも会した。蕉風古今集として呼声の高い《猿蓑》には14句もの入集をみ,91年芭蕉の帰東に際しては,二見の文台硯箱自画像を与えられもした。浪人して93年江戸へ移住するが,原因は仕事の上の不祥事と伝える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

史邦の関連キーワード秋入梅・秋黴雨中村史邦市橋 鐸内藤丈草渡辺吾仲居成り秋入梅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android