二見(読み)ふたみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二見
ふたみ

三重県中東部,伊勢市北東部の旧町域。志摩半島の北部に位置し,伊勢湾に臨む。 1908年町制。 2005年伊勢市,小俣町,御薗村と合体して伊勢市となった。地名は古代の御厨名による。中心地区の二見は二見興玉神社門前町で,伊勢神宮に近く,の場として知られる白砂青松二見浦と,日の出の景勝として有名な夫婦岩により古くから知られ,参宮客の宿泊地として発展。観光収入が多い。今一色港は沿岸漁業港。近海漁業とノリ養殖が行なわれる。音無山 (120m) に太江寺 (国指定重要文化財の木造千手観音坐像所蔵) がある。全域が伊勢志摩国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふたみ【二見】

三重県中東部、伊勢市の地名。伊勢湾に面し、二見浦がある。伊勢志摩国立公園に属する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二見
ふたみ

三重県中東部、度会(わたらい)郡にあった旧町名(二見町(ちょう))。現在は伊勢(いせ)市北東部にあり、伊勢湾に臨む地域。旧二見町は、1908年(明治41)東二見、西二見の2村が合併、町制を施行して成立。2005年(平成17)小俣(おばた)町、御薗(みその)村とともに伊勢市に合併。JR参宮(さんぐう)線、国道42号、伊勢二見鳥羽(とば)ラインが通じる。『和名抄(わみょうしょう)』の二見郷の地。古代は伊勢神宮に塩を奉納した御厨(みくりや)で、現在も御塩殿(みしおでん)で古式にのっとった塩づくりが行われ、神宮に納められる。米作、イチゴやバラ栽培などの農業、小規模の漁業やノリ養殖などがある。海岸一帯は伊勢志摩国立公園域で二見浦(ふたみがうら)、夫婦(めおと)岩の景勝地がある。また、二見浦、池の浦の二つの海水浴場がある。大江(たいこう)寺の木造千手観音坐像(せんじゅかんのんざぞう)、明星寺の木造薬師如来(にょらい)坐像は国指定重要文化財。[伊藤達雄]
『『二見文化誌』(1964・二見町) ▽『二見町史』(1988・二見町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二見の関連情報