コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右田寅彦 みぎた のぶひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

右田寅彦 みぎた-のぶひこ

1866-1920 明治-大正時代の劇作家。
慶応2年2月6日生まれ。右田年英の弟。高畠藍泉に師事。「都新聞」「東京朝日新聞」などで艶種(つやだね),雑報才筆をふるう。明治44年帝劇の座付き作者となり,代表作に「堀部妙海尼」「鎌倉武士」などがある。大正9年1月11日死去。55歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。号は柳塢亭,矮亭主人。名は「とらひこ」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

右田寅彦の関連キーワード釣狐物文士劇

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android