コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司教都市 しきょうとし Bischofsstadt

1件 の用語解説(司教都市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

司教都市
しきょうとし
Bischofsstadt

中世ヨーロッパの都市の一形態。大聖堂,修道院所在地に発達し,司教または修道院長が支配していた都市。ライン川流域のケルンマインツトリールウォルムスドナウ川流域のアウクスブルク,中部ドイツマクデブルク,北ドイツのブレーメンなどがこれで,12世紀に都市市民団が司教,修道院長の支配に抵抗して自治権を獲得したところが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司教都市の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ労連ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパの火薬庫都市参事会(ヨーロッパ中世)ヨーロッパ級