司祭ジョン伝説(読み)しさいジョンでんせつ(英語表記)Legend of Prester John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

司祭ジョン伝説
しさいジョンでんせつ
Legend of Prester John

12世紀中頃から 15世紀末にかけて西ヨーロッパに広がった,東洋のキリスト教王国に関する伝説。王国が敬虔な聖職者プレスター・ジョン (ヨハネ) およびその子孫に治められ栄えているという伝説は,十字軍の不成功に悩むキリスト教君主や教皇の注目をひき,13世紀にはモンゴルに擬せられた。 14世紀以後は,アフリカのエチオピア高原にジョンの国があると信じられ,ポルトガルアフリカ探検の一つの動機となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android