合原猪三郎(読み)ごうはら いさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

合原猪三郎 ごうはら-いさぶろう

1827-1901 幕末の武士。
文政10年生まれ。合原義訓(よしのり)の弟。幕臣嘉永(かえい)6年ペリーが浦賀に来航したとき,応接係をつとめる。安政5年外国奉行支配調役となり,のち神奈川奉行並,長崎奉行並をへて慶応2年外国奉行。3年陸軍奉行並,4年大目付にすすんだ。明治34年4月1日死去。75歳。名は義直。号は櫟堂。

合原猪三郎 あいはら-いさぶろう

ごうはら-いさぶろう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android