合器(読み)ごうき

精選版 日本国語大辞典「合器」の解説

ごう‐き ガフ‥【合器】

〘名〙 蓋(ふた)つきの椀(わん)。また、転じて、修行僧や乞食の持ち歩く椀をいう。御器(ごき)
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)四「残るものとて滅形(めげ)合器(ゴウキ)、貝杓子、古莚の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android