コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合成雲母 ごうせいうんもsynthetic mica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合成雲母
ごうせいうんも
synthetic mica

人工鉱物の一つ。水酸基雲母,フッ素白雲母,フッ素金雲母などがあるが,大型の結晶の得られるのはフッ素金雲母 KMg3AlSi3O10F2 である。これはケイ石,焼成マグネシア,アルミナ,炭酸カリウム,フッ化マグネシウムなどの材料を電気炉で加熱溶解し,結晶析出温度付近 (1360~1300℃) でゆるやかに冷やし結晶を析出させてつくる。フッ素金雲母は天然雲母より高温安定性がすぐれ,高真空中でもガスを放出しない。小結晶は成形し,単結晶と同様電気絶縁材として使用する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

合成雲母の関連キーワード野田 稲吉野田稲吉合成化学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合成雲母の関連情報