合眼(読み)ごうがん

精選版 日本国語大辞典の解説

ごう‐がん ガフ‥【合眼】

〘名〙
① まぶたを合わせること。眼をつぶること。
※明月記‐治承五年(1181)正月一四日「打鳴金御念仏、不御合眼云々」 〔白居易‐湖上間望詩〕
② 目を見合わすこと。対面すること。よく顔を合わす間柄であること。
※権記‐寛弘八年(1011)九月五日「宣理須立敷政門北掖与大弁合眼之後可参進也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android