瞑目(読み)メイモク

デジタル大辞泉の解説

めい‐もく【×瞑目】

[名](スル)
目を閉じること。目をつぶること。「瞑目して祈る」
安らかに死ぬこと。「家族に看取られ瞑目する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいもく【瞑目】

スル
目を閉じること。 -して思いを凝らす
安らかに死ぬこと。 故に家康一たび-すと雖ども家臣長く徳を慕ひ/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めい‐もく【瞑目】

〘名〙
を閉じること。目をつむること。仏を念じて一心に祈ったり、考え事にふけったりする時などの動作にいう。
※真愚稿(1422頃か)伊川門雪「雪撲講帷凍不翻先生瞑目到黄昏」 〔晉書‐楊軻伝〕
② 安らかに目をつむって、死ぬこと。安心して死ぬこと。永眠。
※文徳実録‐天安元年(857)九月丁酉「至於暝目之日、必従薄葬之義
※一年有半(1901)〈中江兆民〉引〈幸徳秋水〉「我目の後、汝宜しく校訂して」 〔宋史‐韓世忠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瞑目の関連情報