瞑目(読み)メイモク

  • ×瞑目

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
目を閉じること。目をつぶること。「瞑目して祈る」
安らかに死ぬこと。「家族に看取られ瞑目する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 目を閉じること。目をつむること。仏を念じて一心に祈ったり、考え事にふけったりする時などの動作にいう。
※真愚稿(1422頃か)伊川門雪「雪撲講帷凍不翻先生瞑目到黄昏」 〔晉書‐楊軻伝〕
② 安らかに目をつむって、死ぬこと。安心して死ぬこと。永眠。
※文徳実録‐天安元年(857)九月丁酉「至於暝目之日、必従薄葬之義
※一年有半(1901)〈中江兆民〉引〈幸徳秋水〉「我瞑目の後、汝宜しく校訂して」 〔宋史‐韓世忠伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瞑目の関連情報