コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合財袋 がっさいぶくろ

3件 の用語解説(合財袋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合財袋
がっさいぶくろ

女物の小型の下げ袋。明治年間に流行した。長方形の籠を底にして胴をつくり,口紐で絞める籠信玄,丸い巾着型のものを底にした千代田袋などがある。財布,手拭,紙,化粧道具など小間物一切を入れたところからの呼称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

合財袋【がっさいぶくろ】

信玄袋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合財袋
がっさいぶくろ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の合財袋の言及

【信玄袋】より

…方形の底に織物製の胴をつけ,上端にひも通しをしつらえる。正しくは合財(がつさい)袋という。持物一切合財を入れられるという意から合財袋と呼ばれた。…

※「合財袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

合財袋の関連キーワード鉄操牛疫流行色総釣殿中合切袋錦袋子元禄小袖投島田《明治年間東日記》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone