コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信玄袋 シンゲンブクロ

百科事典マイペディアの解説

信玄袋【しんげんぶくろ】

合財(がっさい)袋とも。布製の手さげ袋で,携帯品一切合財を入れる。平底で,口をひもで締める。底を籠(かご)にしたものを籠信玄,きんちゃく形に口をしぼったものを千代田袋という。特に明治期女性の外出,旅行に広く用いられたが,現在も和装の時の持物として普及している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんげんぶくろ【信玄袋】

女持ちの手さげ袋。方形の底に織物製の胴をつけ,上端にひも通しをしつらえる。正しくは合財(がつさい)袋という。持物一切合財を入れられるという意から合財袋と呼ばれた。信玄袋の名称に対しては,信玄弁当(三つ重ねの弁当)を入れたためとか,信玄(甲斐絹(かいき)の隠語)を袋に用いたためなどというが定かではない。明治20年代まで女持ちの物入れは,タバコ入れや鼻紙袋,財布などがおもであったが,男が胴乱かばんを用いるようになると,女持ちの袋物として考案され,明治30年代には流行の頂点を迎えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんげんぶくろ【信玄袋】

厚紙の底がつき、口をひもでくくるようにした布製の大形の手さげ袋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信玄袋
しんげんぶくろ

雑貨を入れる袋物。武田信玄の肖像画の背後にある袋物に似ているところから、この名がついたという説があるが、判然としない。方形、長方形の底板の周囲を織物の裂(きれ)で囲み、口の部分に太い組紐(くみひも)を通して結んで袋物としたものである。1891年(明治24)に紋織でつくられ、風呂敷(ふろしき)より便利な雑貨入れとして用いられたのに始まり、革製の手提げ鞄(かばん)よりも、和装にあう便利なものとして、97年に入ると流行した。この袋はいっさいがっさい入るところから、合財袋ともいわれた。さらにこれを小ぶりにつくり、底に編み籠(かご)をつけたものは籠信玄といった。しかし、のちにバスケット、トランク、スーツケースに追われて衰退してしまった。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の信玄袋の言及

【ハンドバッグ】より

…ハンドバッグということばは19世紀中ごろから使われはじめた。日本では,袋物の歴史は古いが,懐中に入れるものから手に提げて持つものになったのは,明治中期の信玄袋が最初であった。1905年には布製の手提げ袋がオペラバッグの名で発売され,日本におけるハンドバッグの原型となった。…

※「信玄袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

信玄袋の関連キーワード合切袋・合財袋風呂敷厚紙

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信玄袋の関連情報