コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉井源太 よしい げんた

1件 の用語解説(吉井源太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉井源太 よしい-げんた

1826-1908 江戸後期-明治時代の製紙家。
文政9年3月1日生まれ。土佐吾川郡伊野村(高知県伊野町)の紙すき業の家に生まれる。紙すき桁(けた)を改良,大半紙6面すきを可能にするなど,技術革新につとめ,新種の和紙をつくり土佐和紙の名を全国にひろめた。明治41年1月10日死去。83歳。初名は得一郎。著作に「日本製紙論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の吉井源太の言及

【土佐紙】より

…なお,現在の伊野町に属する成山に御用紙すきがいて高級紙をすいていた。明治時代に,御用紙すきの出身といわれる吉井源太らは,6枚すきなどの簀桁(すげた)の大型化,大きな紙の乾燥に適した馬毛はけなどの用具の改革や,ガンピ(雁皮),ミツマタ(三椏),コウゾ(楮)による薄紙を中心にした工業用紙をくふうして,高価な輸出紙の販路を開拓した。薄い雁皮紙は謄写版原紙としてそのまま生かされた。…

※「吉井源太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉井源太の関連キーワード佐々木古信佐藤由理子昇斎一景椎陰関直吉鶴賀新内(5代)中村理禎南渓(2)服部鷯吉吉田宗賀

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉井源太の関連情報